用意するタイミングはいつ!?婚約指輪について
2016年12月24日 admin

どういった際に必要となるか

婚約指輪は式場を決めるよりも先に男性から女性へ贈るのが普通です。プロポーズの際に贈るケースもあれば、プロポーズの後に贈るケースもあります。遅くても式場を決める頃には用意し、パートナーに受け取ってもらいましょう。宝石付きの婚約指輪は場合はダイヤモンドが一般的です。ダイヤモンドは硬く、永遠の愛を連想させるので婚約指輪にはうってつけといえます。ただしダイヤモンド以外の宝石をチョイスしても一向に構いません。

相場やデザインについて

昔は給料の3ヶ月分と言われることもありましたが、最近は給料の2ヶ月分が相場となっています。できるだけ無理をせずに買うようにしましょう。デザインは多少であれば派手でも構いません。ゴージャス感のある婚約指輪を選ぶという人も多いです。結婚指輪と違って日常では使用しないので、多少派手でも問題はありません。宝石付きの場合は、今風のカットがあるのでそれに合わせておきましょう。重さ、カラーなどで価格は変わります。

婚約指輪を探す際には

指輪のランキングサイト、情報サイトなどを使うとブランドや価格別に婚約指輪を探せるようになります。条件を選択したり、絞り込むなどして探せるサイトであれば情報の整理、把握がしやすくなるでしょう。ブランドで婚約指輪を決める場合は、そのブランドの公式サイトを使って探すのもオススメです。婚約指輪が画像付きで公開されていますし、その指輪の特徴や魅力について書かれていることもあります。総じて指輪に詳しくない人にも優しく情報は公開されていますよ。

婚約指輪の購入のタイミングに迷いがあれば、同世代の購入者のレビューを参考にしつつ、各地の販売店の人気商品の長所を理解することがおすすめです。

About The Author